エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験
【合格事例】武蔵野美術大学 多摩美術大学 東京芸術大学 女子美術大学 東京造形大学 日本大学芸術学部 美大の一般入試受験対策 基礎デザイン学科 情報デザイン学科 映像学科 芸術文化学科 芸術学科 環境デザイン学科 建築学科 デザイン情報学科 メディア表現領域 グラフィックデザイン学科等

デザイン系 小論文

テーマ:アートとデザインの関連性について

アートとデザインの垣根は確かに存在しているが、それはアートやデザインの価値のあり方が正誤で語られる事柄でない限り正確に言い分ける事はできない。アートの価値は商業的な売り上げ額で決定されるべ きではない。

しかし、デザインはどうだろうか。なにか具体的な解決をはかる為に考えられたものであっ たり、販売される前提でつくられるものだ。つまり、デザインされたものはかならず商品に成りうる。そして、かならずそれらを創造した人間以外でも再現できるものでなくてはならない。

ポップアート作家のアンディ・ウォーホルは完全にアートをデザインに仕立てあげることに最初に成功 した人物だと考えている。彼の作品《二つのマリリン》-1962 年のように、彼の作品に用いられるモチー フは人々に知られている公約数をより幅広いものにしていると言える。

マリリンやキャンベル・スープの 缶などのポップなモチーフは鑑賞物としての独創性のかけらもない。他の人でもシルクスクリーンの版を刷ることによって量産が可能であるので、アートは単に個人の表現技術の問題だけではないことが明らか である。

そして、アート作品はパターンや絵柄として T シャツやトートバックなどの服飾品に落としこ まれ、販売されることが増えた。アートが服飾品に落としこまれる過程はまさにデザインと言うことがで きると考えている。これを購入する人は単に自身の服飾に落としこまれたアートを鑑賞物として購入する のかというと、そうではないだろう。

私は「アート作品を身に纏う自分」を購入するのだと考える。服飾には基本的に自意識が現れるものである。アートは日用品に落としこまれた時点で、「アート作品を身に纏う自分」という自意識をもつ人々へ向けて作られているからである。つまりは何かへの共通意識で、選民 意識に通じる価値観を感じ得ない。

アートの表現されるものは必ず自分で探し出して見たことや聞いたことであるべきで、それが表現者というフィルター人を通して生み出される事で、人を魅了する要素になりうる。アート作品はそれらの発露の装置で、それによって生まれた作品は社会的なものでも、個人に依ったものでも、規格化された一様の価 値観に違和感を感じている人の希望にもなり得るのではないだろうか。

それは必ずしも楽園的な、定型化 された幸福の形でないものも提案できるパワーを持っているのではと感じる。デザインとアートの関連性とは、アートが人の目に触れられるまでに通過する美術館やアート作品がプリントされた服飾物はデザイ ンという考え方が内包するもののひとつに過ぎないのかもしれない。そのなかで新しい価値観を提供した り、作品の知名度を上げることが出来るのならデザインの意図する目的は果たされる。

この作品は、武蔵野美術大学と多摩美術大学の両方に合格した受験生が制作したデザイン小論文の参考作品です。

武蔵美の基礎デザイン学科や多摩美の統合デザイン学科を受験するためには、単なるデッサン力や色彩構成の実力の他に、デザインについて考察する力を養う必要があります。そのためには、様々なデザインについて論じることが最も効果的な受験対策となります。

また、編入学試験や大学院入試などで美大受験をする際は、デザインについて考察し、論じる力を養っておくことは大きく合格に貢献します。事前にしっかりと対策を行い、面接でどのような質問が来てもデザイン視点で何でも答えられるように準備をしておきましょう。


TOP > 【参考作品】小論文(デザイン系)

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+