エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験
武蔵野美術大学 帰国生入試。受験対策をすれば、合格の可能性は常にあります。 美大の帰国生入試 受験対策 油絵学科、油画専攻、版画専攻、日本画学科、彫刻学科、視覚伝達デザイン学科、工芸工業デザイン学科、空間演出デザイン学科、建築学科、基礎デザイン学科、デザイン情報学科、芸術文化学科の入試内容の詳細はこちら

彫刻学科

鉛筆デッサン(3時間)
与えられた条件通りにモチーフを加工し、鉛筆デッサンする。

武蔵野美術大学 彫刻学科の鉛筆デッサンでは、与えられた条件通りにモチーフを加工して鉛筆でデッサンすることが求められています。

帰国生入試で気をつけたいのは、大学側が求めているのは、「日本在住・海外経験のない受験生とは異なった感性を持つ帰国生」だということです。あえて一般入試とは枠を別に設けて入試を実施している理由はそこにあります。

海外の美術教育を受けた帰国生の多くが、日本の美大受験生の描くデッサンを見て、口を揃えて質問します。「なんで日本の美大受験生は、みんな同じような絵ばかりを描くんですか?」と(海外の美術の先生も同じ感想を抱きます)。しかし、この日本的なやり方は絵画表現としては本質的には求められていないのです。

「もっと個性を出しなさい」「好きなように作品を作りなさい」というやり方が海外の美術の授業では一般的です。それこそが美大で「帰国生」に求める個性・独創性です。海外在住時の経験とそこで養われた感性をいかにデッサンで表現できるかが帰国生入試の勝負どころです。

彫刻学科で求められているのは、立体物としての造形力と、それをデッサンとして平面上に表現するときの「立体感」「存在感」「量感」といったようなものです。これらは、普段からそれらを強く意識して作品制作を行うからこそ身についてきます。

短期間で付け焼き刃の造形力ではなく、できるだけ長期にわたり「立体感」「存在感」「量感」を重視した作品制作を続けることが何よりの受験対策です。つまり、海外在住時から彫刻学科の受験を意識して現地高校の美術の授業に取り組むことが一番の受験対策となります。

このことから、美大の帰国生入試を受験する受験生には、海外在住時からの受験対策をお勧めしています。海外高校の美術の授業で制作した作品等が、そのまま帰国生入試での大きな武器となるのです。

海外の自由な方針の美術の授業と、日本の美大受験の帰国生入試で求められる条件のすり合わせを行うのが、当塾の美大の帰国生入試対策です。海外在住時から受験対策をはじめれば、貴重な海外での経験を最大限に生かしながら、無理なく受験対策を実施できます。

美大受験を志す帰国生の30%程度の方が当塾で受験対策を受け、受講者の90%以上が志望校に合格しています。東京の美大予備校20校余の中で、圧倒的なシェアを誇っています。ぜひ受講をご検討ください。


▼志望分野別受験対策

▼個別授業について


TOP > 【武蔵野美術大学】帰国生入試 鉛筆デッサンについて(彫刻学科)

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+