エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験

美術で成功するには、有名美大に行かなければならないのですか?

そんなことはありません。ただし、受験生の段階から、いろいろと気をつけておきたいことがあります。



レールに乗る、ということ

美術をやりたいから、美大を受験する。美術は自分自身を自由に表現できる世界だから、美術業界も自由な世界なんだろう、なんて思ってはいないでしょうか?

大学進学にしろ就職にしろ、ある意味「他人が敷いたレールに乗る」という本質的な部分は、どの業界でも変わりません。

私は自分の出身大学を卒業するまで一般社会の敷いたレールに乗り、その恩恵を受けてきました。そして、今も現に、その恩恵を受けています。大学卒業当時に美術業界については全く知らなかった私は、美術業界に進むということは、一般社会が敷いたレールを外れることだと、思っていました。

ところが、美術大学受験をするということ自体が、やはり、「美術業界」という非常に狭い社会の中で敷かれたレールに乗るということなのです。美術業界という一般社会よりも遥かに範囲の狭い業界の中では、さらにそのレールの力が強いのではないかとすら、私は思います。

私は美大受験予備校の講師ですが、何もわからずにとりあえず美術大学を受験してしまう人たちも多いということには、不安を感じることがあります。

社会の敷いたレールを外れて自由に動いている気になっていても、実のところ、別のレールに乗ろうとしているという現実があります。大学に入ったり就職をしたりして初めて、自分が別に敷かれたレールに乗っているんだという現実に気付かされることも多いのです。



有名美術大学に行くメリット

有名美術大学に進学することには、明らかに大きなメリットがあります。

長い伝統によるノウハウもあるし、充実している様々な設備や、自分より先行してアートに関わっている人たち(教授など)に接することで、おそらくは大学に行かなかった場合よりも大きな力を手に入れることができるでしょう。それに加えて、「美術大学卒業」という肩書きに弱い人が、まだまだ世の中多いのです。

アートの世界は本来的には実力の世界とはいっても、日本にはまだまだ階級社会の名残が明白に残っています。美大を卒業し、社会に出たときにその階級社会の名残に直面することがあるはずです。それは偏見に満ち、差別的で時によっては屈辱的なものだったりすることもあるかもしれません。

ですから、自分が学歴社会の矛盾の被害者になってしまった場合には、自分自分の支えとなるのは「私はこの道を自分の意思で選んだんだ」という事実だと思っています。

自分で選んだ道だから、自分自身で責任を取らなければなりません。美術「系」大学に入った場合、専門学校に入った場合などは、実力に見合った待遇をされなくなってしまうこともあるかもしれません。特にまだできたばかりの学校や新設科に入った場合、これから社会的にどのような評価を受けるのかは、全くの未知数といえます。

それでも、自分が通学した学校のネームバリューを圧倒するほどのアーティストとしての実力をつけることができれば、恐らくは日本の美術業界に根強く残っている階級社会の偏見に打ち勝つことができると思います。



美術の世界を目指すなら

美術業界に関わっていくのに、誰もが有名美術大学を受験する必要は、本来ないはずです。別に自分一人だけだって作品作りはできるし、そうやってアートに関わっている人たちもいるわけですから(アート業界の中で高く評価されるかどうかは、別問題ですが)。

それに、「有名大学に行かなければ美術ができない」という発想自体が、アーティストに必要な「自由な発想」の妨げとなるのではないでしょうか?

個人的には、何の疑問もなく適当に遊びながらなんとなく有名大学を卒業してしまう人たちより、ネームバリューのある大学進学の道を進まず、自分の強い意志で別の道を歩こうとしている人たちの方が、評価できると思っています。

ただし、どのような学校に行ったとしても、「進学というレール」にただ単に乗っかっただけの学生生活を送ってしまったとしたら、どう逆立ちしても「有名美術大学卒業」の人たちには勝てなくなってしまうでしょう。

たとえどのような学校に行くのであったとしても、どのような団体に所属するのであろうと、結局大切なのは、自分の実力をより高めていこうとする強い意志と、運をつかむために不断の努力を行うことなのです。



自分の将来をしっかり考えて選ぶ

いずれにしろ、自分の道は自分自身で切り開いてゆくのが、アートの世界の本道のはずです。学歴で判断されることは、本当はアートの本道からは外れているのですが、アーティストといえども人間です。囲い込みによって派閥を作り、派閥を作ることによって自分達の行動の価値を高めようとする精神構造は、実際、ほとんどの人間が持ち合わせているのです。

これから美術大学への進学を目指している受験生達には、自分の将来をしっかり見据えたうえで大学へ進学してほしいと思っています。






TOP > 【芸大/美大受験Q&A】美術で成功するには、有名美大に行かなければならないのですか?

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+ |  Ads: ラティース 太陽光発電