エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験

モチーフ(モティーフ)

モチーフ(フランス語:motif)は、本来は「絵画・彫刻などの表現において動機となった考え方」や「主題」を指しています。英語では "motive(動機)" という言葉がこれに当たります。

ただし、美大受験で「モチーフ」という言葉を使う場合は、多くの場合で少々異なった意味で使用されることが多いといえます。特に、デッサンにおいて「モチーフ」と言われたときは、「デッサンを描くための題材(静物モチーフ)」を表しています。「デッサン課題で描くべきモノ」に対して「モチーフ」という言葉を使用している、と考えればよいでしょう。

なお、「デッサン課題で描くべき」内容が人物の場合には、「モチーフ」という言葉ではなく、「モデル」を使います。

それ以外にも、「絵画・彫刻などの表現において動機となった考え方」という本来の意味に近い使い方で、「その作品で描こうと思った内容」という意味を表すために「モチーフ」という言葉を使用することもあります。

この意味でモチーフという言葉を使用する場合は、油彩や水彩、デザインや感覚テストといった専門実技課題の指導をする時に使われることが多い、といえるでしょう。






TOP > 【美大受験用語】モチーフ(モティーフ)

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+ |  Ads: ラティース 太陽光発電