エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験

テクスチャー

いわゆるサランラップを使用したテクスチャー表現。ただの絵具のベタ塗りが、特徴的な表情と質感を持った画面に変化する。

英語の "texture" は、「手触り」「感触」「生地」という意味で、本来は触覚(触れる感覚)に関わる言葉です。

美術の世界ではこの「テクスチャー」という言葉は「マチエル(絵肌)」あるいは「質感」と同じような意味で使われており、「素材(画材)が視覚的にどのような特徴を持っているか」「素材(画材)の材質としての特徴がどのように表現されているか」などを表す視覚表現に関わる言葉として使用されています。

例えばCG(コンピューターグラフィックス)ではディスプレイの中で視覚的な表現が展開されるものですが、「ザラザラした素材感」「木の質感」「肌の質感」などをいかに視覚的をどのように再現するかで、画面の中の平面的な表現(2D上での表現)にリアリティ(現実感)を与えることができます。

このように美術の世界では、「本来の素材が異なる素材(例:油絵具)を使用した表現手段で、いかに想定した素材感(例:木肌の質感)を表現できているか」という使い方で「テクスチャー」という言葉が使用されています。

質感」という言葉と似ているのですが、「質感」は描画するモチーフの素材感(モチーフがざらざらしている、つるつるしている)のことを指しています。「テクスチャー」は、画面それ自体の素材感(画面がざらざらしている、つるつるしているなど)を指しているので、別のものです。上記掲載の動画も、画面の素材感を作り上げるための動画となっています。

美術以外の世界では、「組織」「構造」「本質」「歯ごたえ」という意味で「テクスチャー」という言葉が使用されている場合がありますので、注意が必要です。






TOP > 【美大受験用語】テクスチャー

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+