エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験

シルエット

シルエットは、ものの輪郭の中が単色で塗りつぶされた状態をいいます。

一般的には「影絵」と同一のものと考えられますが、別に黒く塗りつぶされたものだけがシルエットではありません。他の有彩色や、あるいは白で塗りつぶされたものも、シルエットと考えることができます。

美大受験においては、絵画作品や平面構成をする際に制作コンセプトや表現手法のひとつとしてシルエットを活用する場合があります。

本来では見えているはずの細部を全て単色で塗りつぶしてしまうことで、画面に様々な効果や暗示効果をもたらすことができます。うまく利用すれば、作品を印象深いものに仕上げることが出来ます。

しかし、特に絵画や平面構成などでシルエットでものの形を表現するためには、ある程度のデッサン力が必要となってきます。

ものの細部を見せずに輪郭だけでものの形を表現することになるため、鑑賞者はダイレクトに形のみを注視することになります。よって、微妙なプロポーションの崩れ(いわゆる「デッサンの崩れ」)が目立ちやすく、デッサン力のなさを欠点として目立たせてしまうだけになってしまう結果にもなりかねません。

ダイナミックな効果や暗示効果というプラス面がある一方で、作品制作者のデッサン力(形をとらえる力)がはっきり見えてしまうという注意点するべき点も存在する表現手法であるということは、しっかりと念頭においたほうが良いでしょう。






TOP > 【美大受験用語】シルエット

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+