エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験

インスタレーション

Barbara Kruger によるインスタレーション・アートの例

英語では "Installation art" と表記し、「インスタレーション・アート」が正式な呼称といえますが、日本語では「アート」の部分を省略し、「インスタレーション」と呼ばれることが多いといえます。

"installation" の語源は "install" であり、これは一般的には「OSをインストールする」など、コンピューターのソフトウェアを設定するという意味で使用されています。英語の意味としては他に「就任させる」「設置する」などの意味を持っています。

美術の世界で使用される「インスタレーション」は、コンピューターに関するものではなく、室内や屋外などに絵画・彫刻・映像などを設置することで、それらを取り巻く空間全体・空間自体を作品として鑑賞者に体験させるタイプの美術作品を意味する現代美術に置ける表現手法を表す言葉として使われています。

いわゆるイーゼル絵画や台座に設置された個々の絵画・彫刻作品を鑑賞するのとは異なり、空間全体を作品とすることで、鑑賞者は「作品に囲まれ」「作品に包まれる」状態に置かれます。そのような状態に置かれた鑑賞者が空間を体験することで、その空間自体におかれた自分自身の「見る」「聞く」「感じる」「考える」などの五感や感情の変化が作品鑑賞の一つのポイントとなっています。

さらに、空間自体に設置されるということは、設置期間(展示期間)終了後はその作品自体は撤去されてしまい、「インスタレーション・アート」の鑑賞によって生み出されたものは体験者の記憶の中にしか残らない、というのも大きな特徴だといえます。つまり、一般的な絵画や彫刻が様々な美術館で展示されるようなやり方で、同じ作品を他の場所に同じように展示することは、二度と出来ないのです。

「インスタレーション・アート」という言葉としては割と新しく、1970年代以降に表現方法の1手段として盛んになりました。

しかし、美術の歴史を考えると、特に宗教美術などの分野では、天井絵画や壁画などという形で、空間と絵画・彫刻が一体化していた、と考えることもできるでしょう。






TOP > 【美大受験用語】インスタレーション

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+