エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験

平塗り(ひらぬり・ベタ塗り)

平塗りとは、絵具を塗る際に、描画面に均一でムラ(色の濃い・薄いの差)ができないように塗るやり方です。

絵具(透明水彩・アクリルガッシュ等)の性質や技法・スタイルによって平塗りのやり方や捉え方が多少異なる部分がありますが、以下は主にデザイン系の平面構成の平塗りのやり方の解説です。

平塗りをする時には、パレットに絵具を多めに作っておきます。途中で色が無くなって新しく作り直すと、それ自体が描画面にムラを作ってしまうことになります。

絵具を溶く水の量が多過ぎると絵具が薄くなってしまいますし、水の量が少な過ぎると描画面に絵具が盛り上がってしまったり、筆の毛の跡が出てしまうので、ちょうど良い水加減を自分で調整するようにします。

まずは描画する色面の輪郭部分や角(かど)の部分を面相筆などでなぞって縁取りします。

縁取りをした中の部分の描画面を、平筆に絵具を含ませて、直線を平行に描くようなイメージで塗っていきます。なぞった輪郭部分の絵具が乾かないうちに一気に手早く塗ってしまうのが理想です。

平筆は、描画面積に応じて、適切な大きさのものを使いましょう。描画面積に対して小さ過ぎる平筆を使うと、塗るのに時間がかかってしまいますし、何回も塗り重ねたりつい二度塗りをしてしまったりして、ムラができる原因となります。大き過ぎる平筆を使うと、想定した色面からはみ出しやすくなってしまいます。できるだけ一気に手早く塗ってしまうことができるように、筆の大きさをちゃんと考慮しましょう。

細かな色面の部分は、平筆ではなく、面相筆ではみ出さないように塗っていきます。特に角(かど)の部分は、慎重に塗る必要があります。

塗り終わったら、乾くのを待ちます。時間のロスになるので、できるだけ1回でムラの無い色面を仕上げるのが理想ですが、乾いた色面の様子を見てムラがあるようであれば、さらに塗り重ねをします。






TOP > 【美大受験用語】平塗り(ひらぬり・ベタ塗り)

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+ |  Ads: ラティース 太陽光発電