エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験

彩度(さいど)

色の鮮やかさのことを指しています。

色を解釈するやり方はいくつもありますが、「色の三属性」と呼ばれるのが、「色相」「彩度」「明度」です。このうち、「明度」は有彩色にも無彩色にも存在する属性となっていますが、「彩度」と「色相」は有彩色のみに存在する属性で、無彩色には存在していません。


「色の三属性」と有彩色・無彩色の関係

有彩色・無彩色と「色の三属性」との関係を表わした表。


それでは、「彩度が高い」「再度が低い」というのは、どういうことでしょうか?

考え方は、割と単純です。「彩度が高い」というのは、「より色が鮮やかになる」ことを表し、「彩度が低い」というのは、「より無彩色(白・黒・灰色)に近づく」ことを表している、と覚えてしまえばよいのです。つまり、「白・黒・灰色」は彩度0(ゼロ)、ということなのです。

少々乱暴な言い方かもしれませんが、「彩度が高くなる」というのは、「より有彩色の印象が強くなる」ことであり、「彩度が低くなる」というのは、「より無彩色の印象が強くなる」と考えてもよいでしょう。


彩度が高い/低いの例。「彩度が高い」というのは、「より色が鮮やかになる」ことを表し、「彩度が低い」というのは、「より無彩色(白・黒・灰色)に近づく」ことを表す。

彩度が高い/低いの例。


「彩度」と言われると少し構えてしまうかもしれませんが、考え方は非常に単純です。しかし、大切なのは、そのような理論を頭で理解することではありません。「彩度をコントロールする感覚(センス)」を身につけられるかどうかで、実技の実力が決まってくるのです。






TOP > 【美大受験用語】彩度(さいど)

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+ |  Ads: ラティース 太陽光発電