エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験

量感(りょうかん・ボリューム)

分量や重さがある印象を受けることを、「量感(りょうかん)がある」という言い方をします。「量感」は、表現されている対象物の存在感(実在感)や立体感にもなってきます。

「ボリュームがある」という言い方は、「量感がある」と同じ意味で使われます。英語の "volume" は、本来「巻物」を指すいいかたでした。そこから、「巻物の太さ」という意味につながり、「容量」「体積」「立体感」という意味で使われるようになったと思われます。

「容量」「体積」「立体感」といっても、美術においては、彫刻のような立体作品だけに、「量感がある」という言い方をするわけではありません。絵画のような平面作品であっても、その描写の仕方などが「体積を感じる」「立体感がある」「重さを感じさせる」ものであった場合、それを「量感がある」という言い方で表現します。

「体積を感じる」といっても、単なるハリボテのようなふくらみではなく、「中身がぎっしり詰まっているような感じ」が、「量感」に結びついていきます。「体積」「立体感」「重さ」をしっかりと画面に表現できるようにを心がけてみて下さい。






TOP > 【美大受験用語】量感(りょうかん・ボリューム)

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+