エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験
【合格事例】武蔵野美術大学 多摩美術大学 東京芸術大学 女子美術大学 東京造形大学 日本大学芸術学部 武蔵野美術大学 映像学科 小論文 感覚テスト 日本大学芸術学部 映画学科 写真学科 AO入試 内部推薦入試 自己推薦入試 帰国生入試 一般入試の美大受験対策

小論文 参考作品(映像系)

自分の制作した作品について論じなさい。

全て自分が映る。全て自分が撮る。それは、地道な作用で思いの外苦労した。アングルを変えることができないので、自分が画面の範囲を把握し、そこに収まるように動く必要があった。また、自分から角度を調節しなくてはいけない。何回も、何回も確認しては撮り直しをする。

ナレーションに合わせるのにも、映像と言葉のイメージがなかなかしっくりこなかった。どこで動画を切るのか、どこの動きと言葉のアクセントを合わせるのか、色々試した。

編集での少しのズレが大きく印象を左右する。だから、これもなんども繰り返し通しては、少しカットし、またくっつけ、やっぱり元に戻す。そんな繰り返しの作業だが、しっくり来た時、自分の頭にある映像が現実化された時、達成感と喜びを感じる。

鏡。この世界は、現実だがどこか非現実に感じる。映り込むものはすぐそばにある光景だが、三面鏡にはそれが複数に映る。その光景は、鏡の角度によって異なってくる。だから、一度現れた世界はこの一瞬だけだ。

自分という存在を知らせてくれる。何面にも映り込む自分。一体どれが真の自分なのだろうか。

それぞれの天気や気候。これに対するイメージは人それぞれだが、ここでは私の感じたままを表現している。また、それぞれ6つのテーマにはストーリーがある。それらは一見繋がっていないように思えるが、ナレーションだけを聞くと、一つのストーリーになっている。

この動画、ストーリーを書くにあたり、自分の存在というものを考えさせらえた。全体を通して強く自分を持っていたいと思った。さらに、時というのは一瞬で、その一瞬は永遠に訪れないことがほとんどだ。このストーリーには一瞬の時や、本当の自分といったものがよく現れる。

自分が好きな自分でいること、自分が好きな一瞬をしっかりと感じ、後悔しないでいること。それは、言葉では簡単に言えるし、誰も一度は思ったことがあると思う。だが、それを実行できる人は、ごく僅かだろう。

(後略)

この作品は、武蔵野美術大学映像学科の推薦入試に合格した当塾在籍生が書いた、自分が制作した自主制作映像について論じた文章です(前半部分のみの抜粋です)。

特に推薦入試は、「出願書類」「実技」「作品」「面接」の全てを総合的に判断して合否が決まります。せっかく作った作品です。説得力と深みを与え、合格をより確実に狙うために、当塾では制作作品について的確に分析し論じる力を重視する受験対策をしています。

映像分野は、他の美術系分野の中でも比較的作品制作に取り組みやすい分野でもあります。パソコンやスマホ・タブレットでも映像編集機能が充実したアプリが比較的安価、あるいは無料で手に入れることができますので、手軽に作品制作に取り組むことができるからです。

特に推薦入試で映像系学科を受験する場合、実際に映像作品(動画作品)の制作経験があることは、合格への一番の近道となります。逆に、手軽に映像制作ができる時代なのに映像制作をしないのは、本気で映像分野を目指しているとはいえないと判断されてしまいます。

作品の制作コンセプトや制作方法、そういったことを的確に伝える能力を高めるために、当塾では映像特性や映像センスについて考える様々な小論文課題を出題します。自主制作作品に高い説得力をつけた状態で入試に臨むことが、特別入試合格率の高さの秘訣なのです。


TOP > 【参考作品】小論文『作品制作コンセプト』(映像系:論述)

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+