エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験

社会人入試を受験しようかどうか、迷っています。

社会人入試を志していらっしゃる方は、受験に関する情報も少なく、対策を本格的に行ってくれる美大予備校もほとんどないので、ご苦労されていることと思います。

私は社会人入試を志す受験生の方の指導を何例もさせていただいていますが、やはりご自身の年齢と、「大学生」との年齢のギャップは、どうしても気になってしまうようです。



30歳以上で受験された方の実例

特に、30歳を過ぎて受験を志そうとしている方は、悩みも強くなってしまうのも、仕方ないことだと思っております。

私が過去に担当した受験生の方では、例えば、30代後半で一般受験をされた方が1人(以下、Aさんとします)、40歳過ぎで社会人入試を受験された方が1人(以下、Bさんとします)いらっしゃいます。お二人とも、無事志望校に合格されていますので、30歳以上で美大を目指したとしても、しっかりと対策を行っていれば合格の可能性は十分にあるのです。

Aさんは、長年勤め上げた仕事で貯金された資金を元に、美大受験を志された方です。一念発起して仕事を辞めた後受験生として美大受験対策を行い、武蔵野美術大学に入学されました。

Bさんは、既にフリーで造形関係の仕事をしており、長年の実績を積み上げていた方でしたが、自分自身の制作にアカデミックな視点でのアート性を取り込みたい、ということで、社会人入学試験の対策を行い、多摩美術大学に入学されました。



社会人が入学することの価値

美術大学(特に私立美術大学)は、少子化で受験生の数が減っていることもあり、ここ数年で多浪生の数はどんどん減ってきています。だからこそ、今後、大学も社会人入試のような、従来の「大学生」の年齢層とは異なった層の入学者を求めて行くことになる、と私は予想しております。

実際、いったん社会人を経験された方などが私に受験対策を求めているという例が多くなってきているという実感があります。社会人を経験された方は、いったんはビジネスの世界に入ってから学問を志そうとしているだけあって、意志も強く、指導の吸収力も非常に素晴らしい例が多いといえますので、私としても、非常に充実感のある受験対策をすることができています。

恐らく、大学の教授の方々も、社会人入学者がその他の多数の「大学生」に比べ、「教えがいがある」との印象を持っていらっしゃるのではないでしょうか。ですから、社会人入学者の方々が大学に入学することで、大学は良い意味で活性化して行くのではないかと、私は考えています。



美術の世界

現状では、社会人の大学入学者の数は、多いとはいえません。しかし、美術の世界は別に多数決で何かが決まっていくような世界ではないのです。

美術の世界は、その人自身の才能と努力、そして実力次第で年齢関係なしに活躍することも可能な世界ですので、年齢や世代のギャップのことは問題にはならないと思っています。

受験生ご自分が美術に関して強い関心を持ち、その気持ちをアカデミックな環境で実現させたいと考えておいででしたら、足踏みしたりせずに、美術大学への進学を実現させてみたらよろしいのではないでしょうか。

社会人入試の受験に関して、何か迷っていること、ご質問等ありましたら、ご相談に乗りますよ。お気軽にお問い合わせください。






TOP > 【芸大/美大受験Q&A】社会人入試を受験しようかどうか、迷っています。

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+