エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験 エース アート アカデミー ネット美大予備校で個別指導! 美大受験の小論文/感覚テスト/英語/国語。指導時間は、全て講評。他では体験できない、充実した指導内容!特別入試も積極的に対策!推薦入試/社会人入試/AO入試/編入学試験/帰国子女試験/留学生試験

個性を重要視する小論文

残念ながら、美大受験の小論文には、「模範解答」は存在しません。なぜ存在しないのかは、以下の説明をお読みいただければ、納得していただけるはずです。



一般大学の小論文との違い

美大受験の小論文では、確固とした「正解」を記述・論述するタイプの小論文ではなく、自己表現としての小論文が、出題されています。

芸術としての自己表現に「模範解答」が存在しないように、美大受験の小論文にも、「模範解答」は存在していません。存在しているのは、「模範解答」ではなく、それぞれの受験生の独創性を反映させた「参考作品」といえるでしょう。



美術の世界特有の考え方

しかも、一般大学の小論文とは異なり、その「参考作品」と同じようなことをやれば合格する、という性質のものではありません。

同じようなことをやるということは、真似をする、ということです。真似をする、ということは、芸術の世界では、やってはいけないことの一つです(単にテクニックを向上させるための練習としての「模写」は、別ですが)。

つまり、自分独自の個性と感性で表現をしなければ行けない世界で、他人の「借り物」を自分のものとしてアピールすることは、 表現者としてはとても恥ずかしいことであり、許されることではない、という考え方が主流となっているからです。

そこが美大の小論文対策の難しいところであり、一般大学の小論文のやり方で対策をしてきた受験生が、大きく失敗してしまう理由でもあります。



自分自身の個性を伸ばそう!

エースアートアカデミーの小論文指導では、指導・講評をしていく過程で、受講生の方の個性を見抜き、そこをしっかりとアピールする形で、「その人にしか作れない、『作品』としての文章表現」を指導するというやり方をとっています。

受験生自身の個性こそ「宝」であり、その個性に注目して引き出すのが、美大の小論文対策としては最良のやり方だといえるのです。

本格的に美大の小論文を対策したい、という受験生の方は、是非お問い合わせください。エースアートアカデミーでは、受験生の個性を引き出すために、完全個別指導制を導入しています。集団指導では対策しきれないような、内容の濃い小論文指導を、あなたも受けてみませんか?


TOP > 【英語・国語・小論文】個性を重要視する小論文

2004-2015 (c) : エースアートアカデミー | 美大受験画材集 | 投資事例 | Q&A | HINT | WORD | BOOKS | INN | DESIGN | ART | IMAGE | Google+